駒沢パークサイド歯科・口腔外科

矯正歯科


 矯正装置をつけて気をつけること


初めて装置をつけたときは唇、頬、舌が装置に当たって話しずらかったり、食べずらかったりしますが2〜3日でなれます。もし、装置がこわれた場合はすぐに連絡してください。
その際、装置の名前がわかるとどうすればよいのかすぐにお答えできるので、普段から 自分のつかっている装置の名前を覚えておきましょう。

  • バンド・・・奥の歯にまいてある薄い金属
  • ブラケット・・・各歯につけてある四角いもの(透明と金属の2種類あります。)
  • ワイヤー・・・ブラケットの真ん中を通ってつながっている針金

痛くなったら…

装置をつけた日や針金を取り替えた日から4〜5日間、歯に痛みがでることがありますが、これは歯があごの骨の中を動くために出る痛みです。痛みのひどいときはやわらかい食べ物にしましょう。
もし、装置や針金が頬や唇の内側、歯ぐきにあたって痛い時は、小さく切ったガーゼや綿を痛いところにあてておいてください。だんだん慣れてきて痛みがましになってきます。我慢できない時は、来院してください。

食べてはいけない食べ物は…

特別に気を使いすぎる必要はありませんが、あめ、りんご、せんべい、氷などの硬いものの丸かじりや、キャラメル、ガムなどくっつきやすい食べ物は避けましょう。

歯磨きは…

デコボコした複雑な装置です。きれいに歯磨きをしないと装置や歯の間にたまった食べかすは、矯正治療をうけているあいだに虫歯になったり、歯ぐきが炎症を起こしたり、口臭の原因にもなります。汚れた装置はよくめだちますので、食後は必ず丁寧に歯をみがき食べかすが取れたか確かめましょう。

矯正歯科矯正治療のステップ│矯正装置をつけて気をつけること│お子様の矯正治療