駒沢パークサイド歯科のホームページはこちらへ

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008/11/20 07:21

歯科治療の医療費控除について

年末調整が近くなってきたので歯科治療の医療費控除について説明します。

医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日に支払った医療費がある場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
医療費控除の対象となる金額は
* その年中に支払った医療費の総額−医療費を補填する保険金等の金額=A
* 10万円か、もしくは総所得金額等の5%(※注)のいずれか少ない方の金額=B
* A−B=医療費控除額(但し、最高200万円)
※注 給与所得しかない場合は、給与所得控除額後の金額×5%


POINT1
生計がひとつであれば扶養の有無は問わない。

POINT2
親族の範囲は6親等内の血族、3親等内の姻族。
具体的には、本人・配偶者・子供・兄弟姉妹・両親・祖父母等親族で生計を一緒にしている人全て。

POINT3
その年の元旦から大晦日までの1年間に支払った医療費が対象。

PIINT4
当然ながら未払いはダメ。

POINT5
健康保険法の規定による高額療養費、出産育児一時金等や生命保険契約等の給付金は控除するが、傷病手当金や出産手当金は差し引かなくてもよい。
POINT6
所得が少ない場合は10万円以下でも医療費控除が受けられる場合がある。

POINT7
最高限度額は200万円。

POINT8
医療費控除の対象になる医療費は消費税等込みで計算する。

POINT9
医療費控除は勤務先での年末調整では行えないため、確定申告が必要。

POINT10
共稼ぎの場合は医療費の負担者が明らかでない限り、下記の表のように所得税の税率が累進税率であるため、通常、所得の多い方が医療費控除を行った方が有利。

POINT11
還付申告書は所得税が納め過ぎになっている年の翌年2月15日以前でも提出することができる。

POINT12
申告し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができる。

       詳しくは下記↓を参考にして下さい。

<医療費の領収書は大切に保管しましょう!>
医療費控除を受ける場合、医療費の領収書を確定申告書と一緒に添付するか提示しなければなりません。領収書が無いと、税務署に対して説明して、納得してもらうことが必要になります。なので、例えば家計簿や医療費用のノート等を作って、治療を受けた方の氏名、支払年月日、支払先、支払金額などの明細を記録しておくと便利です。

<歯科で医療費控除の対象となるものは?>
一般歯科治療はもちろんですが、インプラントや歯列矯正、審美歯科治療なども医療費控除の対象になります。詳しくは窓口まで。

<成人矯正や美容目的のものは適用されないのでは?>
原則的には、容貌を美化したりするためなどの審美、矯正費用は医療費控除の対象にはなりませんが、大人でも審美的に良くすることだけが目的でなく、咀しゃく障害の改善を主な目的とするのであれば医療費控除の対象になります。審美歯科治療や歯列矯正をする大抵の人は歯並びが悪い為、咀しゃく障害や、噛み合わせの改善が認められます。 実際には、専門医の診断書があれば100%認められます。確定申告のときは、公民館などで出張受け付けをしてくれますが、市役所の役人など詳しくない人が受け付けをすると、認められない場合がありますので、ご注意ください。また、成人矯正の場合は税務署が美容整形の範疇で捉えることがありますが、その場合も専門医の診断書を添付していれば万全です。

<治療のための通院費も医療費控除の対象となります!>
通院や入院時の交通費で、交通機関などを利用した場合は人的役務の提供の対価ですから医療費控除の対象になりますので、その都度、日時、経路、運賃をメモしておきましょう。小さいお子さんの通院のためにお母さんが付き添いで通院される場合、お母さんの交通費も通院費に含まれます。ただし、マイカーのガソリン代や駐車料金は通常、対象にはなりません。

<医療費をローンなどで支払った場合は?>
インプラントや矯正などの歯科治療費をデンタルローンで支払う場合も、医療費控除は適用されます。デンタルローンは、患者が支払うべき治療費を信販会社が立替えて一括で支払う形になり、その立替え分を患者が分割で信販会社に返済してゆくものです。したがって、信販会社が立替え払いした金額は、その患者の立て替え払いした年の医療費控除の対象になるのです。
なお、デンタルローンを利用した場合、患者の手元に歯科医院の領収書がないこともありますが、その場合は、医療費控除を受ける時の添付書類として、デンタルローンの契約書の写しを用意してください。
(注)金利および手数料相当分は医療費控除の対象になりませんので、ご注意ください。

<医療費控除は誰が申告するのがいいの?>
医療費控除の申告は、ご家族の中で所得の多い方がされたほうがお得になります。所得の多い人ほど税率が高いですから、控除を認められれば返還額も大きくなります。
日本の所得税は、超過累進税率となっておりますので、所得が高い人ほど、税金が高くなっています。つまり、所得の高い人が医療費控除を受ければ、一番節税効果が高くなることになるのです。同じ100万円の医療費控除を受けるにしても、10%の所得税率適用の人は、10万円なのに対して、40%の所得税率適用の人は、40万円の節税効果となります。
この申告方法は、医療費の場合だけでなく、その人から控除可能な所得控除全般に言えることですので、みなさんも一度、所得控除(特に医療費控除と扶養控除)を誰から控除したらよいのか検討してみてください。

<控除を受けるための手続は?>
医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。
あわせて、医療費の支出を証明する領収書などを申告書に添付するか、申告の際に提示してチェックを受けてください。
交通費などの領収書がでない場合は、支出を証明するものとして、ノートなどにまとめたものを添付してください。
また、給与所得のある方は、上記種類のほかに給与所得の源泉徴収票も必要になりますので、源泉徴収票の原本も添付してください。

<注意事項は?>
1.治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となりますので、高額な歯科治療費の場合は年をまたいで分割して支払いするよりも、まとめて1年間で支払ってしまい、申請したほうがお得になります。
2.健康保険組合などから補てんされる金額がある場合には、医療費から差し引く必要があります。

シュミレーション(治療費総額200万円の場合)
  所得額                   還付金
所得額500万円の方   所得税151,500円+住民税194,000円=345,500円
所得額700万円の方   所得税332,000円+住民税194,000円=526、000円
所得額900万円の方   所得税380,000円+住民税194,000円=574,000円
所得額1200万円の方  所得税469,000円+住民税194,000円=663,000円
所得額2000万円の方  所得税627、000円+住民税194,000円=821、000円

もっと詳しく知りたい人は国税庁のホームページhttp://www.nta.go.jp/をご参照ください。

2008/11/13 17:27

ホワイトニングについて(歯を白くしたい!)

歯はいつまでも綺麗で白くいたいもの。しかし年齢や生活習慣などで歯は徐々に黄ばんできます。黄ばみはPMTCなどのクリーニングでもある程度落とすことはできますが、さらに白くするためにはホワイトニング(ブリーチング)が必要です。当院ではホームホワイトニング単独あるいは、ホワイトニングして周りの歯を白くしてからその色に合わせて被せものを被せる方法を勧めています。
ちなみにYahooやGoogleなどで「歯のホワイトニング」と検索するとたくさんの検索結果とともに上位にはホワイトニングや前歯の審美を専門にする歯科医院が独占しています。

ホワイトニングの原理

歯のホワイトニングの原理は簡単で、ヤンキーの兄ちゃん姉ちゃんがオキシドールで髪の毛を脱色して茶髪にするのと全く同じ原理です。過酸化水素水(H2O2)が分解すると酸素と水になりますが、分解過程で発生する活性酸素(OHフリーラディカル)が歯のエナメル質内部まで浸透し、着色の原因である有機色素を分解するのです。この化学反応プロセスのカギとなるOHフリーラディカルを歯面でいかにして短時間に大量に発生させるか、同時に歯や歯茎に傷害にならないように安全に使用できるようにするかの問題です。

オフィスホワイトニング
歯科医院で短時間にホワイトニングを行うオフィスホワイトニングの場合、OHフリーラディカルを短時間に大量に発生させる方法が用いられるので高濃度の過酸化水素とフリーラディカルの発生を加速させる光化学触媒が用いられます。高濃度の過酸化水素と光化学触媒を混ぜ合わせたジェルを歯の表面に塗布し適切な波長の光を15〜30分ほど照射する。そうすると短時間でかなり白くなります。
注意点
1)テトラサイクリン歯など金属イオンによる着色の場合は効果はほとんど見られない。
2)ほとんどの症例で(一過性)の知覚過敏が生じる。
3)ごく稀に歯髄炎を発症し、抜髄になることがある。(歯に微小なひびがある場合、歯肉退縮で象牙質が露出している場合、不適なレジン充填(詰め物)がある場合)
*私の医院では現在、安全面を考慮しオフィスホワイトニングはしておりません。

ホームホワイトニング(安全)
時間がかかっても安全にホワイトニングしたい人にはホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングと違うのは、薬剤に過酸化尿素(過酸化カルバミド)を使用することです。過酸化尿素は常温でゆっくり分解して、尿素と過酸化水素になります。この過酸化水素がさらに分解する過程でOHフリーラディカルが発生します。後はオフィスホワイトニングと同じですが、反応がゆっくり進むので歯が白くなるには時間がかかります(1日3〜5時間・2週間程度)。しかし副作用も少なく、患者が自分の好きな時間に行うことができるので簡単です。
歯科医院で歯形を取り、歯とぴったり合った薄いプラスチックトレーを作ります。このトレーの白くしたい歯の部分に少量の過酸化尿素ジェルを入れて歯にはめるだけと簡単です。過酸化尿素の濃度が高いほど効果は早く出ますが、歯茎の痛みや知覚過敏が出やすくなります。(当院は15%を輸入して使用)さらにゆっくりホワイトニングするのでオフィスホワイトニングと比べて後戻りが少ないのが特徴です。

ちなみに私やスタッフもは自分の歯をホームホワイトニングしています。
また、日本では、ホワイトニング用ジェルは歯科医院でしか販売できないことになっているので一般の薬局や通信販売などで購入することはできません。