駒沢パークサイド歯科・口腔外科

審美歯科


美しい歯は、笑顔をより美しく、上品に見せてくれます。これからは悪いところを治すだけでなく、自然な美しさを創る時代です。現在の保険診療だけでは、一部限界があるのも確かです。当院で行っておりますより審美性の高い治療方法と従来の保険治療方法を紹介させていただきます。


トピックス - ジルコニア…金属を使用しない究極の歯科材料

現在まで歯科補綴材料には金属にレジンを築成するレジン前装冠(保険適応)と金属にセラミックを焼き付けた陶材焼付鋳造冠(メタルボンドポーセレンクラウン、保険外)などが1960年代より広く使用され、特に前歯の差し歯に一般的に普及しています。しかしながら金属の裏打ちによる色彩、金属アレルギー、歯肉との境目の部分の変色等の指摘もあり「金属を使用しない」審美性の高いセラミックスのみの補綴治療が求められてきました。しかしながらセラミックスの強度、製作の困難さ、適合性等の課題もあり、金属並みの強度を持ち、セラミック並みの審美性のある補綴治療材料が待たれていました。近年、酸化ジルコニウム含有のセラミックスジルコニアブロックをCAD/CAM技術で削りだし、加工する材料が開発され2005年に待望の国内認可がおりました、曲げ強度が900メガパスカルあることから、奥歯等のブリッジにも対応でき、口腔内全てをオールセラミックスで補綴することを可能としました。

ジルコニア
  

ジルコニアの紹介ページへ

フルセラミッククラウン

金属を一切使わないので審美性に最も優れている。 酸化アルミナが主材料だった頃は金属が入っていないために強い力で割れるリスクがあり奥歯やブリッジには不向きだったがジルコニアの登場によりその欠点を克服した。各種コーピングにセラミックを焼き付ける。

●ジルコニアコーピング(コーピング=裏打ち)

歯科材料としては2005年に待望の国内認可となり、オールセラミックの弱点だった強度の問題を完全に克服し、今までメタルフリーでは不可能だった奥歯のブリッジにも完全対応できるようになった。金属を用いないので、透明感があり自然に近く審美性において最も優れている。そして審美性だけでなくプラークが付きにくいので歯周組織にも優しい材料。ジルコニアはアメリカ、ヨーロッパそしてアジアでも、すでにオールセラミックの主流となっており金属に代わる材料として脚光を浴びている。


before


after


●酸化アルミナコーピング

ジルコニアが認可されるまではフルセラミッククラウンの主材料として使われてきていました。スペースシャトルの断熱材として使われていることが有名。審美的に優れているので前歯などが適応。ただし強度的にブリッジには使えない。

オールセラミッククラウン  ¥136,500
ジルコニアコーピング  ¥136,500

メタルボンドセラミッククラウン

陶材焼付鋳造冠ともいい金属のフレーム(裏打ち)にセラミックを焼き付けた冠。オールセラミックスほどではないが、自然に近い白さを出すことができる。金合金のフレームを利用するためブリ ッジに可能。

メタルボンドセラミッククラウン  ¥105,000

セラミックスインレー

特に色、形、強度にこだわりたい方向き。

セラミックインレー(詰め物)   ¥52,500

ハイブリッドセラミックス

[セラミックとプラスチックを混ぜ合わせて焼き固めた材料]
自然に近い色をある程度再現できるが、長年の使用で変色や艶の消失がみられる。金属アレルギーの心配がない。噛み合わせが不自然な方や、歯ぎしりをする方は、割れることもある。(セラミックより強度はおちる)安価で白い歯を入れることができる。

●オールハイブリッドセラミックスクラウン
●ハイブリッドセラミックス+合金フレーム
●ハイブリッドセラミックスインレー

ハイブリッドセラミックインレー(詰め物)  ¥36,750
ハイブリッドセラミッククラウン(被せ物)  ¥57,750
ハイブリッドセラミッククラウン
(インプラント用、コーピングが 高カラット金属)  ¥68,250

支台築造

根に刺す土台、無髄歯(神経をとった歯)の場合にはを補強するために必要です。

[レジンコア]
歯質がたくさん残っている場合などに適応。安価だが吸湿性があるため歯肉近くまたは歯肉下は不適。
[メタルコア]
20kもしくは同等の貴金属を使用、歯質と近似した固さ。保険の土台で使われるのは銀合金で柔らかいため土台の破折や金属の溶解のため歯肉の着色(TATOO)が起こることがある。
[ファイバーコア]
歯と同じような弾力性があるので歯根破折しにくい。白色なのでオールセラミッククラウン使用すると土台が透けずに透明感がさらに増すため最適。

支台築造(土台、無髄歯の場合必要)
レジン   ¥5,250
メタル   ¥10,500
ファイバーコア   ¥10,500

金合金

保険の銀歯に比べ金属アレルギーになりにくい。金属色のため審美性に劣る。天然の歯に近い固さのため、噛み合わせる歯にも優しく、奥歯に最適。

Gold インレー(20kの詰め物)   ¥31,500
Gold クラウン(20kの被せ物)   ¥52,500

レジン前装冠

[前歯のみ保険適用の冠]
色調は単調なので天然歯と色をあわせるのが難しい。プラスチックなので、食や生活習慣により個人差はあるが、変色しやすい。

保険の銀歯

[12%金40%銀20%パラジウムの他、銅、亜鉛などを合わせた合金] 日常の生活において不自由はないが、見た目が金属色のため審美性に劣る。多種類の金属を含むので金属アレルギーの方には不可。

上に戻る

審美歯科│ジルコニア