駒沢パークサイド歯科・口腔外科

スポーツマウスピース


 スポーツマウスピース(マウスガード)とは


スポーツマウスピース(マウスガード)はラグビーやアメリカンフットボール、アイスホッケー、フィールドホッケー、ラクロス、ボクシング、空手などのコンタクトスポーツで広く使用されています。マウスピースは強打による衝撃を和らげる効果があり、装着していない場合には歯が折れたり唇や舌、顔面などを負傷したりすることがあります。また、脳震とうなどの発生率や重篤度を低減させることが報告されています。 またマウスピースによる恩恵を受けるのは限られた競技をプレイする選手たちだけではありません。マウスガードを噛しめることで強い瞬発力をうみだし、集中力を高めるということが最近の調査報告から明らかになっています。そのためゴルフや野球、パワーリフティングなどでも使われ始めています。 院長自身も現在アイスホッケーのプレー時にマウスピースを装着しています。

義務化されているスポーツ


スポーツマウスピースの諸注意

マウスガード、マウスピースにはスポーツ用品店などで販売されているものがありますが、自分で製作し歯に合わせるものが多く、口を開けるとずれたり、はずれたりする事が多く見られます。これではいざというときに機能しないばかりか発音がしにくくなります。また、噛み合わせがずれていることが多く、顎の関節を悪くしたり、プレーに集中できなかったりと不都合なことが多く聞かれます。
歯科医院ではこれらのことを十分考慮して製作しておりますので、顎の関節にやさしいだけでなく、プレーに集中することが出来ます。
ですから、安全かつ、体のバランスの向上、筋力アップがみられ、競技の種類によっては、競技能力の向上を認める場合もあります。


マウスガードのチェック

スポーツ選手はパワーを出すために歯を食いしばるのでマウスガードは徐々にすり減ってきます。少なくとも1年に1回はすり減りや破損をチェックしてもらい、痛みの激しいものは作りかえることをおすすめします。また成長期のお子さんは、顎の大きさがや歯並びが変わるので必ず2〜3か月に一度はチェックを受けましょう。


スポーツマウスピースの料金(学割あり)

価格については自費診療になります。当院では個人にあったシートの厚みやスポーツの内容・ポジションによって対応させて頂いております。


■ラミネートタイプ(MG21材料)

マウスガード材を層状に張り合わせて、必要な部分を厚くし他の部分は薄くして口腔内でもっとも違和感がなく装着感の優れたハイグレードなマウスガードです。口蓋部(上あご)はできるだけ広くすることによって喋りやすく苦しくないようにしています。咬合面には圧痕をつけることにより咬んだ時に噛み合わせが安定するので力が出せます。極真会館公式採用マウスピース
色は8色 白・黒・ブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・チェリーピンク・透明
――― MG21材料とは ―――
日本製。ポリオレフィン系軟質弾性材料(潟c泣eンメディカル社製)フイット性に優れる、無害、接着剤及び溶剤を不使用、無味無臭で、使用者の体を重んじた製品であり材料を重ねることができるためスポーツの種類に合わせて部分的に厚くしたりできます。

基本形(色のみ選択可能)   ¥10,500
オリジナル(多色、写真、マーク可)    〜¥15,750

■バキュームタイプ(EVA材料)

マウスガード材を軟化させ吸引して製作した装着感のすぐれたスタンダードなマウスガードです。
――― EVA材料とは ―――
エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂の略称。お湯などで形成するマウスピースはこの材料です。

単色、ケース付き   ¥6,500