駒沢パークサイド歯科口腔外科

当院のコンセプト

歯周外科処置で「大切な歯」を残す

歯周病が進行した場合は歯を失うことに

治療画像

歯周病は歯周病菌によって歯を支えている周囲組織(歯槽骨や歯根膜)が炎症を起こし、歯の支持を失う病気(感染症)です。
初期から中等度までの歯周病であれば基本的には口腔内の清掃と歯石除去によって治療可能です。
しかし、症状が重くなった場合、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまい、最終的には歯が抜けてしまいます。
そうなる前に歯周外科処置など積極的に治療に介入する必要があります。

歯周病の治療は一般的に歯周精密検査を行って歯周病の進行度を調べます。
次に歯みがき指導や歯石の除去を行う流れとなりますが、歯周病が歯石除去等の初期治療では改善しなかった場合は歯周外科処置を選択する場合があります。

歯周病治療の流れはこちらから(PDFファイル)

当院の歯周外科治療

患者さんの大切な歯を残すため、当院では以下の治療法を実施しています。

歯肉弁根尖側移動術

結合組織移植術

遊離歯肉移植術

歯周組織再生療法(歯周病で失った骨を再生させる手術)

切除療法