駒沢パークサイド歯科・口腔外科

ホワイトニング


 歯のホワイトニングとは


濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯面にあててゆっくり、やさしく、持続的に脱色します。 ジェルの成分(過酸化尿素)は元々口腔内の消毒に使われていたものですから安全で歯の構造を変えずに歯が白くなります。 その安全性はFDA(アメリカ食品医薬品局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められております。歯科医師の指導のもと、ご自分で、ご自宅で行っていただきながら白い歯を取り戻していただく方法です。

 

ホワイトニングの方法


[歯科医院で]

  1. 歯科医師が歯と歯肉が健康な状態であるか診察します。過去に入れた詰め物を取り替えたり、虫歯の治療が必要な場合もあります。そして型取りをします。
  2. 歯科医師または衛生士がホワイトニングする歯面をクリーニングします。

[ご自宅]

  1. 歯を磨きます。
  2. 成した患者用トレーにジェル剤を少しずつ流し込みます。
  3. トレーを口に合わせます。はみ出したジェルは指や柔らかい歯ブラシ等で取り除いてください。

注意すべきこと

  • ホワイトニング中に知覚過敏が起きることがあります。ホワイトニングを1日おきにするかソフトトレーの装着時間を短くして様子を見てください。それでもしみる場合は歯科医がお出しする知覚過敏抑制剤(シリンジ入りジェル)を使います。ジェルはホワイトニングと同様にソフトトレーに注入してホワイトニング終了後30分程装着します。
  • 失活歯(神経をとった歯)は天然歯と同じように白くならない可能性があります。
  • 歯の充填物やクラウンは歯の漂白に反応を示しません。ホワイトニング終了後に白くなった歯に合わせて詰め直すことをお勧めします。ソフトトレーをつけている時は、飲食、喫煙を控えてください。
  • ホワイトニング終了後、1時間以内は色の濃いコーヒー、紅茶類等の飲食物は控えてください。
  • 妊娠中、または授乳中の女性に対しては安全性が確認されておりません。
  • ホワイトニングジェル材は熱や太陽光線に当てず、冷暗所や冷蔵庫に保管してください(冷凍はしないで下さい)
  • ソフトトレーは歯の形や歯列が変わらなければ長期間使用できます。保管に当たってはよく水洗いし熱で変形しないようなところで保管してください。
  • ホワイトニンング中、一時中断しても効果は変わりません。リバウンドはほとんどありませんがコーヒーやタバコなど嗜好品の飲食の頻度によっては再度着色しやすくなります。多少の外部着色が出た場合、6ヶ月〜1年に一度位の頻度でメインテナンスとしてホワイトニングを行うことをお勧めしますので歯科医師、または衛生士にご相談ください。

料金(トレー、クリーニング込み)

ホームホワイトニング

上下(シリンジ4本)   ¥42,000
片方のみ(シリンジ2本)   ¥21,000
シリンジ1本追加   ¥2,000